コールセンターはキューサイの「お店」。誠実・丁寧なおもてなしで全てのお客さまにご満足を。 コールセンター営業部 富田果林

コールセンターは、お客さまをお迎えするキューサイの「お店」です。約1,000名のテレフォンコミュニケーターが、キューサイの「顔」としてお客さまとお話をしています。受話器の向こう側にいらっしゃるお客さまの声に耳を傾け、お気持ちを察知して最適なご提案を行う。それが「接客のプロ」である、キューサイのコミュニケーターです。

すべてのお客さまにご満足いただける応対のためには、コミュニケーター一人ひとりが自社商品に対する深い知識を持ち、お客さまからのお問い合わせに対して誠実で的確な受け答えを行うことが大切です。

そのために、キューサイのコールセンターでは、コミュニケーターが取扱商品を自由に使用できるコーナーを設けています。実際に毎日商品を愛用し、その使用感を知り尽くしているから、実体験に基づいた多角的なご提案が可能となります。また、だからこそお客さまとの会話もはずみます。
レベルの高いコミュニケーター育成のために、専門部署による教育も実施しています。それが、コミュニケーターのスキルアップを支える専門スタッフ「採用・教育グループ」です。採用・教育グループでは、すべてのコミュニケーターに対して、最新の商品情報から健康と美容に関する知識まで、社内外の専門家の意見を取り入れた定期的な勉強会を実施しています。新たに入社したコミュニケーターは、研修を通じて商品知識や応対ルール、健康・美容知識を習得し、一人前のコミュニケーターとして、お客さまにご満足いただける応対ができるよう万全の準備をします。加えて、青汁の製造工場見学やケールの収穫を体験することもあります。商品ができるまでの過程を実際に目で見ることで、商品理解や商品に対する思いが一層深まり、自信を持ってお客さまにおすすめすることができるのです。

スキルアップのための勉強会を定期的に実施しています

お客さまから商品やサービスに対するお喜びの声を頂戴することが、コールセンター業務の最大の喜びです。お悩みをお聞きして、解決のためのご提案を差し上げた結果、「親身になってくれてありがとう。とても元気が出ました」という直筆のお手紙をいただくことや、コミュニケーターご指名のお電話をいただいたり、心のこもった手作りのぬいぐるみなど、プレゼントをお送りくださるお客さまもいらっしゃいます。こうしたお客さまからの「ありがとう」の一言が、私たちの何よりの喜びであり、モチベーションにつながっています。
一方で、お叱りの声に対しては真摯にお詫びして、原因を解明します。これらはすべて集約、社内全体で共有し、サービス品質の見直しや改善を議論します。お客さまからいただいたお声が、商品改良のヒントとなる場合もあります。

お電話をくださった全てのお客さまに、気持ちよく会話して、楽しいひとときをお過ごしいただきたい。そして、商品を正しくご使用いただき、若々しく健康な毎日をご実感いただきたい。それが、私たちの願いです。対面ではないからこそ、「会話」によって顔の見える、心のこもった誠実な応対でお客さまをおもてなししたいと考えています。

私とキューサイ トップページへ戻る

その他の商品情報

  • 本当に安心できる商品だけを、お客さまのもとに。品質に対する、私たちの誓いです。

  • 青汁ってどうやって作られているの?アオジルくんがご案内します。

  • 心のこもったおもてなしで、すべてのお客さまにご満足を。