全商品の情報を一元管理。常にお客さまの視点で品質を追求する。 品質保証室 室長 今澄誠司

安全・安心な商品をお届けするために、原料を栽培する「畑」から商品を製造する「工場」、流通させる「販売」まで、キューサイには各工程に細かいルールが存在します。私たち品質保証室では、1つ1つの工程で実施された検査の記録を一元管理しています。この商品はこのルールに従って作られ、この検査を行って確認しました、と全てデータに基づき説明できる仕組みができています。この安全確保の輪を、キューサイの「セーフティサークル」と呼んでいます。

もう1つ、品質保証室には私たちだけの大事な視点があります。それは「少し甘い」「少し苦い」といった、お客さまの「感じ」を追求する、お客さまの視点に立った品質判断を行うことです。例えば青汁は、原料であるケールの特性により、季節や産地の違いによって糖度や色が変化します。送り出す全ての商品は、何人もの検査員が、実際に前回お届けした商品と味の比較を行います。「感じ」が違うと思われる場合は、その理由を記したご案内文書を、商品と一緒にお届けするようにしています。

お客さま視点に立って風味のチェックを行います

もちろんお客さまからお叱りの声をいただけば、徹底的に原因調査を行います。2度と同じ問題を起こさないよう、根本原因を排除しなければなりません。現場と話しながら問題点を見つけ出し、改善する。それが品質保証です。品質の追求には終わりがありません。品質を継続的に確認する仕組みを作ることが大切です。品質に関わるお叱りに対しては、原因と対策をまとめた調査報告書をお客さまにお送りしています。お客さまから感謝のお返事をいただくこともあって、恐縮することもしばしばです。

万が一アクシデントが起きた場合、すぐに対処しなければ問題のある商品が作り続けられる可能性があります。全商品のサンプルとデータをすぐに取り出せる仕組みができているので、問題が起きたらすぐに原因と推測されるポイントに解決に向かう。そのスピードには自信があります。

何より大切にしているのは、お客さまの声を真摯に受け止めることです。商品やサービスの本当の良し悪しは、実際に使われるお客さまに決めていただくものです。たとえ規格の範囲内であっても、右と左では「感じ」が違うこともある。この「感じ」に対するギャップをできるだけ排除し、安定した品質の商品をお届けし続けることがポイントです。お客さまとのやり取りの中で品質を作り上げていく、常にお客さまの視点に立った品質保証を行う、「品質保証の先駆者」を目指したいですね。

「青汁」「ヒアルロン酸コラーゲン」「コラリッチ」など、キューサイのブランドを守っているのは私たちだという意気込みで、日々の仕事に取り組んでいます。

私とキューサイ トップページへ戻る

その他の商品情報

  • 本当に安心できる商品だけを、お客さまのもとに。品質に対する、私たちの誓いです。

  • 青汁ってどうやって作られているの?アオジルくんがご案内します。

  • 心のこもったおもてなしで、すべてのお客さまにご満足を。