原料から製造技術、使い勝手まで常に改良。日本の将来を明るくするモノづくりを目指して。 研究部 鈴木 朝日

開発部の「企画」「開発」「研究」セクションについてご説明します。この3セクションは、お客さまにご実感いただける商品を開発することを最大の使命としています。

企画セクションは、市場調査を行い、新しい商品の企画を提案しています。
お客さまの商品に対してのご要望、ご意見などを組織的なアンケートや個別インタビューなどで調査し、お客さまが本当にお求めの商品は何なのか、どのような形でお客さまに提供すればいいのか、を追求しています。

どうすればより良い商品を創り出せるかを日々考えています

開発セクションでは、商品の企画、原料、配合、ライン開発からモニター、パッケージデザインまでを担当しています。商品開発だけでなく、製造ラインの技術開発まで、自社工場と二人三脚で取り組めることが、キューサイの強みです。
ケール青汁(冷凍タイプ)の鮮度を保つ製法「低酸素 新鮮クリア製法」の開発や、「飲みやすい青汁が欲しい」というお客さまの声にお応えした「はちみつ青汁」の開発がその例です。「はちみつ青汁」は、ブレンドの割合や、余計な添加物を使用せず、はちみつだけで顆粒を作る技術など、試行錯誤の末に商品化を実現することができました。

研究セクションは、商品の安全性試験や効果効能の研究を担当しています。お客さまからお喜びの声を頂いても、その理由を実証することはとても難しいことです。ここ数年の研究により、キューサイ青汁の原料・ケールには吸収しやすいカルシウムが多く含まれることや、ポリフェノールを多く含み、抗酸化作用があることなどが確認できました。今後は研究成果の発表も積極的に行い、少しずつ社会に浸透させていきたいと考えています。

また、研究セクションでは、ケールの栽培技術の開発も行っています。ケールという植物の特性、栽培する土壌や肥料、病虫害対策などの研究を行っています。ケールの原点である種については、より品質の良いケール葉を生産できるよう、毎年品種改良を続けています。

調子の悪さを感じるが病気ではないからと、あきらめている人はたくさんいらっしゃいます。使い続けることで健康を実感でき、イキイキとした毎日を送ることができる。それを叶える商品を開発することが、我々の使命だと思っています。

いくつになっても元気ではつらつと、若々しく過ごすための手助けができるような商品を作り続けて、一人でも多くのお客さまのお役に立てるよう、これからも知識と技術力を磨き続けていきます。

私とキューサイ トップページへ戻る

その他の商品情報

  • 本当に安心できる商品だけを、お客さまのもとに。品質に対する、私たちの誓いです。

  • 青汁ってどうやって作られているの?アオジルくんがご案内します。

  • 心のこもったおもてなしで、すべてのお客さまにご満足を。