「さつき松原再生プロジェクト みんなで松の枝を拾おう!」に今年も参加

更新日:2018年03月14日


キューサイグループでは、CSR活動の一環として、福岡県宗像市北部にある「さつき松原」海岸の再生活動に毎年参加しています。

先月行われたクロマツ1000本の植樹に続き、3月4日(日)には、キューサイグループ社員とその家族が参加し、松くい虫による松枯れが深刻化している「さつき松原」を守るため、松原に落ちている枯れた枝や幹を拾う活動に参加しました。


1803_さつき松原2.JPG▲枝を拾い、ビニール袋に集めていきます!


さつき松原枝拾い1.JPG▲松ぼっくりも発見!子どもたちがたくさん集めてくれました!


松枯れは「マツノマダラカミキリ」が「マツノゼイセンチュウ」という線虫を運び、松の中で線虫が増殖することが原因です。「マツノマダラカミキリ」の幼虫は枯れた松の枝や幹にいるため、松原に落ちている枝を拾い外へ運び出すことで、松枯れ被害を抑制することができます。


この日は、最高気温が20度を超える非常に暖かな天候に恵まれ、太陽の陽射しの下、参加者は松原を歩き回りながら、一本一本枝を拾い、気持ちの良い汗を流しました。


1803_さつき松原3.JPG▲青空が美しいさつき松原の景観を引き立たせます


これからも当社は、福岡県宗像市に工場がある企業として、地域の皆さまとともに活動を続けてまいります。


ページのTOPへ戻る