環境・社会活動

子どもの職場体験「FUKUOKAみらいフェスタ」に今年も参加!

更新日:2017年08月22日

子どもたちの健全な育成と親と子の絆を深めることを主な目的とした「FUKUOKAみらいフェスタ2017」(地域企業連合会 九州連携機構主催)に今年も協賛させていただき、キューサイグループでも一日職場体験を実施しました。6年目となる今年は、キューサイ薬院オフィスとキューサイ分析研究所の2事業所で実施し、8名の社員の子どもたちが参加しました!

まずは辞令交付式が行われました。一人ひとり名前を呼ばれ、みんなの前で辞令を受け取ります。後ろで見守るお父さん、お母さんもドキドキの瞬間です。

FUKUOKAみらいフェスタ①.jpg▲辞令交付式を終え、気持ちを引き締めつつ、みんなでピース!(キューサイ薬院オフィス)

FUKUOKAみらいフェスタ②.jpg▲辞令と一緒に笑顔で記念撮影!(キューサイ分析研究所)


そして、いよいよ職場体験がスタート!薬院オフィスでは、お客さまに商品・サービスをお届けする流れを学んだ後、コールセンターで受電のロールプレイングを行いました。本番さながらにヘッドセットを装着し、敬語に苦戦しながら何度も挑戦!お客さまに商品をお届けするための「ご注文を受ける」という仕事を体験しました。

FUKUOKAみらいフェスタ③.JPG▲お父さん、お母さんの仕事内容に興味津々!時に身を乗り出しながら学びました。(キューサイ薬院オフィス)


キューサイ分析研究所では、残留農薬の基礎体験や異物分析を行いました。白衣を着用して、本物の分析器具を使いながらの体験は子どもたちにとって新鮮だったようです。分析体験を通して、食品の安全・安心を支える仕事の大切さを学びました。

FUKUOKAみらいフェスタ④.JPG▲説明してくれる社員の話に真剣に耳を傾け取り組みました!(キューサイ分析研究所)


8名の子どもたちは職場体験を通して、普段なかなか見る機会のないお父さん、お母さんが働く姿を見ることができ、さらに自分も仕事を体験することで、仕事の大切さや大変さを実感し、夏休みの良い思い出となった様子が伺えました。

宗像市・さつき松原の美しい海岸を守ろう!「ラブアース・クリーンアップ2017」に参加!

更新日:2017年06月08日

6月4日(日)、キューサイ福岡こうのみなと工場のある宗像市の景勝地・さつき松原において「ラブアース・クリーンアップ2017」が実施され、キューサイグループ社員とその家族が清掃活動に参加しました。


170609_ラブアース01.jpg ▲晴天に恵まれ、たくさんの参加者が一斉に海岸清掃!


宗像市では、さつき松原周辺の「宗像・沖ノ島と関連遺跡群」が世界遺産登録を目指しており、同市の美しい海岸を守り継承したいと、この日も早朝から多くの人が海岸清掃を行いました。


170609_ラブアース02.JPG▲グループ社員が各拠点から集まり参加!


170609_ラブアース03.jpg▲心地よい海風のなか、親子で一緒にクリーンアップ!「うみがきれいになるとうれしいね」


今年は、「ビーチクリーンロボットプロジェクト」の一環で、地元福岡県の、九州大学と九州工業大学が共同開発した四輪型のロボットが清掃活動に初参加しました。本プロジェクトは、福岡県宗像市を中心に、市民と研究者の団体が「海岸漂着ゴミの清掃をサポートするロボット」を開発し、「人間とロボットが協力してきれいな海を守る地域づくり」を目指しています。


170609_ラブアース04.jpg▲【人とロボットの共同作業】
ロボットが、人が拾ったゴミを乗せて砂浜や坂道も自走し運びます!


この日は、ロボットが後ろに取り付けたソリに重たいロープや大きな木の板などたくさんのゴミを乗せ、急な坂道を登ってゴミ集積場まで運んでくれました。本イベントは、誰でも参加できる環境美化活動です。未来まで美しい海岸を繋いでいきましょう。



「ビーチクリーンロボットプロジェクト」Facebookページ


  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • ページのTOPへ戻る