九州北部豪雨の被災流域住民の皆さまへはちみつ青汁の提供を行いました!

更新日:2017年11月16日


11月4日(土)、福岡県朝倉市で平成29年九州北部豪雨災害支援プロジェクト主催「くらしの復旧復興支援イベント」が開催されました。本イベントは、被災した流域住民の皆さまの心理的・肉体的な負担を軽減し、苦痛をケアすることを目的とした被災者支援イベントで、当社も協力企業として参画させていただきました。


当日は、大相撲力士のサイン会や、地元の高校生による吹奏楽コンサート、くらしの相談会、カラオケ大会、スポーツ能力測定会など様々な催しが行われました。仮設住宅を巡回する送迎バスも運行され、お子さまからご高齢の方まで幅広い世代の方々が来場され、各催しをお楽しみになっている様子でした。


朝倉復興イベント1.JPG▲大盛況の地元高校生による吹奏楽コンサートは立ち見する方も!


朝倉復興イベント2.JPG▲市民楽団による行進しながらのコンサートで募金の呼びかけも行われました!


キューサイは、長きに渡る被災生活で失われがちな栄養を補っていただきたいと想い、はちみつ入りで飲みやすい「はちみつ青汁」の無料試飲を実施。「想像していたより飲みやすい!」「栄養補給にぴったり!」というお声をいただき、なかには「うまい、もう1杯!」と2~3杯召し上がる方もいらっしゃいました。


朝倉復興イベント3.JPG▲飲むだけでなく、料理にも使える青汁の愉しみ方をご紹介!


キューサイは2016年より、健康寿命の延伸を目的とした「100歳まで楽しく歩こうプロジェクト」を発足し、皆さまがいくつになっても明るく元気に、いきいきと美しく、幸せな時間を過ごしていただけるよう取り組んでおります。そのプロジェクトの一環として、地元福岡の企業である当社も、今回イベントに参画させていただきました。イベントを通し、被災した流域住民の皆さまの健康と幸せに少しでも貢献できていれば嬉しく思います。


サルコペニア・フレイル学会大会に出展し、キューサイの活動をご紹介しました!

更新日:2017年11月08日


健康寿命の延伸に寄与することを目的とした一般社団法人日本サルコペニア・フレイル学会が主催する「第4回日本サルコペニア・フレイル学会大会」が10月に京都の同志社大学で開催されました。本学会大会では高齢化対策として関心が高まりつつあるサルコペニア・フレイル領域の研究を発展・活性化させるために、様々な分野の研究者が集い、研究結果の発表が行われました。


キューサイは協賛させていただくとともに、当日企業出展し、キューサイの商品や「100歳まで楽しく歩こう」プロジェクト(以下、100あるプロジェクト)の活動についてご紹介させていただきました。


サルコペニア・フレイル学会1.JPG▲商品を展示し、実際に手に取ってご覧いただきました!


本学会大会の主催と同様、キューサイの100あるプロジェクトも健康寿命の延伸を目的に活動をしています。その一環として、昨年から100歳以上の方100名と、そのご家族・近親者さまに生活実態調査を行っており、調査結果についても企業出展内で掲示しご紹介したところ、ご出席されていた皆さまにもご興味を持っていただけた様子でした。


サルコペニア・フレイル学会2.JPG▲「100歳100人実態調査」の結果をもとに健康長寿の秘訣をご紹介中!


今後もキューサイは、皆さまにいくつになっても明るく元気に、いきいきと美しく、幸せな時間を過ごしていただけるよう、100あるプロジェクトを通して、健康寿命延伸に寄与してまいります!



■100歳まで楽しく歩こうプロジェクトについて: http://100aru.com/
■100歳100人実態調査2017について: http://100aru.com/100gallery/archives/16


ページのTOPへ戻る