「世界遺産クリーンアップ作戦in大島」に参加し、海岸清掃を行いました!

更新日:2018年04月05日


3月26日(月)、キューサイは世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産である「宗像大社沖津宮遙拝所」(福岡県宗像市大島)の海岸清掃イベント『世界遺産クリーンアップ大作戦in大島』に参加しました。本イベントは、世界遺産の保護と維持を目的とし、今回初めて実施されたものです。


世界遺産クリーアンアップ1.jpg

▲海岸沿いをみんなで手分けして清掃中!


世界遺産クリーンアップ2.jpg

▲天候にも恵まれ、美しい海を目の前に清掃に取り組みました!


世界遺産の沖ノ島は、島そのものがご神体であり、信仰の対象です。一般の立ち入りは禁止されており、渡島できない沖ノ島を遥拝(遥か遠くから拝むこと)するため、大島の北側の海辺に「宗像大社沖津宮遙拝所」が設けられました。つまり、「宗像大社沖津宮遙拝所」は沖ノ島に最も近づける場所です。


世界遺産クリーアンアップ3.jpg

▲厳かな雰囲気が漂う「宗像大社沖津宮遙拝所」


今回参加した海岸清掃イベント『世界遺産クリーンアップ大作戦in大島』では、清掃活動だけでなく、ボランティアガイドの方による解説もあり、「宗像大社沖津宮遙拝所」の価値や魅力を学ぶ機会にもなりました。


世界遺産クリーンアップ4.jpg

▲ボランティアガイドの方の説明は初めて知る内容も多く、学びがたくさん!


福岡県宗像市に工場がある企業として、今後も世界遺産を守る活動に携わっていきたいと思います。


お花見にぴったりのピクニックメニュー~「ケール青汁(粉末タイプ)」を使用し、お手軽アレンジ~

更新日:2018年03月29日


だんだん暖かくなり、春めいてきましたね。毎年恒例の行事として、お花見を楽しまれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。お花見以外にも、アウトドアイベントやピクニックを楽しめるシーズンです。ケータリングやお店で買ったものも美味しいですが、今年は少し工夫して、ケール青汁(粉末タイプ)を使ったレシピに挑戦してみませんか?見た目も華やかで楽しい、手軽に作れるレシピをご紹介します。外でも食べやすいメニューばかりなので、ぜひうららかな気候のもとで楽しんでみてください。


★ケールごはんのぱっかんおにぎり

白米にケール青汁(粉末タイプ)を混ぜたケールごはんが目を引くぱっかんおにぎり。海老や卵を使って彩りよく仕上げました。海苔の代わりに生ハムやゴマを使うのも、一風変わっていて楽しいメニューです。

お花見レシピ1.jpg

【材料】6 個分(3 種×2 個)
ケール青汁(粉末タイプ) 7g
ごはん 500g

●生ハム&アボカド
ケールマヨネーズ(マヨネーズ大さじ 1、ケール青汁(粉末タイプ)2g)
生ハム 2 枚
アボカド 1/4 個

●白ごま&えびレタス
白ごま 適量
ゆで海老 2 尾
レタス 適量

●のり&卵焼き
ケールマヨネーズ (生ハム&アボカドおにぎりの残りを使用)
のり(手巻き寿司用) 2 枚
市販の卵焼き 2 切れ
パプリカ(赤) 少々


【作り方】
1. 炊き立てのごはんにケール青汁(粉末タイプ)を混ぜ合わせ、6 等分にします。
2. 生ハム&アボカドおにぎりを作ります。1 のごはん2 個を生ハムで包み、ラップで形を整えて真ん中に切り込みを入れます。ラップを外し、切り込みに食べやすく切ったアボカドをはさみ、ケールマヨネーズをかけます。
3. 1 のごはん2 個に白ごまをまぶしてラップで形を整えます。中央に切り込みを入れてからラップを外し、ゆで海老とレタスをはさみます。
4. 1 のごはん2 個をのりで包み、しっかりとラップで包んで真ん中に切り込みを入れます。卵焼きをハートの形にして挟んで、ケールマヨネーズとパプリカを添えて完成です。



★ケールトルティーヤのラップサンド

ケール青汁(粉末タイプ)を生地に練りこんだヘルシーなトルティーヤのラップサンド。トルティーヤ生地は混ぜて焼くだけ、具材も切って混ぜれば完成のお手軽レシピです。にんじんや紫キャベツなど色鮮やかな具材が、グリーンの生地でさらに彩り豊かな仕上がりに。お好みのワックスペーパーと紐やリボンできゅっとまとめて、可愛く仕上げてくださいね。

お花見レシピ2.jpg

【材料】6 個分
●トルティーヤ生地
A(ケール青汁(粉末タイプ) 3.5g、薄力粉 100g、強力粉 100g、塩 小さじ1/3、サラダ油 大さじ2)
30℃程度のぬるま湯 130mL
薄力粉 適量
サラダ油 適量

●ラップサンドの具(作りやすい分量)
紫キャベツのマリネ(紫キャベツ1/4 個、塩 少々、市販のフレンチドレッシング 大さじ2)
キャロットラペ(にんじん1/2 本、塩 少々、市販のフレンチドレッシング 大さじ1)
チキンのマヨ和え(市販のサラダチキン 1 個、マヨネーズ 大さじ1、粒マスタード 大さじ1)
卵サラダ(ゆで卵 3 個、マヨネーズ 大さじ2)

【作り方】
1. 生地を作ります。A をボウルに入れ、ぬるま湯を少しずつ加えながら混ぜ合わせます。しっとりとまとまり、粉気がなくなったら、そのまま10 分間寝かせます。
2. 1 の生地を6 等分に分けて丸め、薄力粉をつけた綿棒で直径20 ㎝程度の円形にのばします。ホットプレートを180℃に温めて薄くサラダ油をひき、生地を両面約1分ずつ焼きます。乾かないように濡れ布巾の上にのせて粗熱をとります。
3. 千切りにした紫キャベツをさっとゆでて塩をふり、フレンチドレッシングでマリネします。にんじんも千切りにして塩をふり、フレンチドレッシングと混ぜ合わせます。サラダチキンは食べやすいサイズに割いて、マヨネーズと粒マスタードで和えます。ゆで卵はざく切りにしてマヨネーズで和えます。
4. 2の生地をワックスぺーパーの上にのせて、3 の具を全種類のせて巻き、紐やリボンで結んで完成です。



★ケール風味のポテトクリーム

やわらかくゆでたじゃがいもに、牛乳や生クリームを混ぜてしっとりと仕上げた、ケール風味がまろやかに伝わってくる一品です。カップに小分けにしておしゃれに盛り付けてください。お好みでパンにのせて食べるのもおすすめです。

お花見レシピ3.jpg

【材料】カップ3 個分
●ポテトクリーム
A(ケール青汁(粉末タイプ) 7g、生クリーム・牛乳 各大さじ4、
塩・こしょう 各少々)
じゃがいも3 個

●カリフラワーのレモンクリーム
カリフラワー 50g (小房約5~6 個)
ウインナー 1 本
マヨネーズ 大さじ1
レモン汁 小さじ1
ブラックペッパー 少々

●スクランブルエッグ
B(卵 1 個、マヨネーズ 小さじ2、牛乳 小さじ2、塩 ふたつまみ)
バター 適量
チーズの角切り 適量
パセリのみじん切り 少々

●ツナトマト
C(市販のトマトソース 大さじ1、ツナ(缶詰のもの) 50 g)
ケッパー・ブラックオリーブ 適量
タイム 少々
※ケッパーは無くても可


【作り方】
1. じゃがいもの皮をむいて水からゆでます。やわらかくなったら水を切ってボウルに入れ、木べらなどでつぶしてA を加えて混ぜ合わせ、グリーンのポテトクリームを作ります。
2. カリフラワーは小さめの小房に分けてゆでます。ウインナーはゆでて小口切りにし、マヨネーズ、レモン汁で和えます。
3. B を混ぜ合わせ、バターを溶かしたフライパンでスクランブルエッグを作り、チーズを散らします。
4. 耐熱容器にC を入れ、600W のレンジで30 秒程度温め、ケッパー、スライスしたブラックオリーブを加えて混ぜ合わせます。
5. 1 のポテトクリームをカップに半量入れ、2、3、4 をのせます。2にはブラックペッパー、3にはパセリ、4 にはタイムを散らして完成です。



"ケール" プチ情報

ケール畑(黄色の花).jpg

アブラナ科の一種であるケールは、春先に菜の花に似た黄色い花を咲かせます。
そのため、葉の収穫時期が過ぎた春のケール畑は見渡す限りの黄色い風景が広がります。実は、花が咲く直前にできるケールの花芽は、小さなブロッコリーのような見た目で食べても美味。一般にはあまり流通していないので、ケール農家の間では密かに楽しみな季節なのです。


≪キューサイケールの公式Instagram≫はこちら!
https://www.instagram.com/kyusai_kale_official/


ページのTOPへ戻る