社員とその家族など100名以上で山を登る "100ある登山" を実施

更新日:2016年10月20日

10月15日(土)、健康寿命の延伸を目指して活動する「100歳まで楽しく歩こうプロジェクト」の一貫として、キューサイグループ社員とその家族など116名が、天拝山(福岡県筑紫野市)を登りました。当企画は、2016年2月に実施した社員公募により立ち上げられ、プロジェクトメンバーである社員自らが健康の増進・維持に取り組み、プロジェクトを体現するイベントです。


100ある登山01.jpg▲登山の前には「100ある体操」で準備運動



爽やかな晴天のもと、和やかな雰囲気で元気よくスタートし、社員やその家族との交流も楽しみました。


100ある登山02.jpg ▲班ごとに"楽しく歩く"を体感!


100ある登山03.jpg▲436段の階段もチームワークで乗り越えました



汗ばむ気候のなか日頃の運動不足を痛感する社員も多く、健康であることの大切さを実感する1日となりました。

キューサイは、今後も健康なカラダとココロを作るお手伝いをして、世の中の皆さまが100歳まで楽しく歩ける人生を、全力でサポートしていきます。



【100歳まで楽しく歩こうプロジェクト】
 
キューサイが『いくつになっても「元気でいたい」「美しくありたい」そして「人生を精一杯楽しみたい」と願う人々のために、品質No.1の商品とサービスを提供する企業であり続ける。』というグループビジョンをもとに発足したプロジェクト。これから先、医療費や介護費用の大幅な増加も予測され、「自らの健康は自ら維持しなければいけない」という時代を迎える中、「健康寿命」の延伸が長寿大国といわれる日本のとりくむべき課題だと考え、「健康寿命を100歳にする」ことを目指しています。

  ●「100ある体操」動画URL


食品分析の専門機関、キューサイ分析研究所「食品開発展2016」に出展

更新日:2016年10月14日

10月5日(水)から7日(金)の3日間、株式会社キューサイ分析研究所が「食品開発展2016」(会場:東京ビッグサイト)においてブース出展しました。

同研究所は、国内最大級780農薬一斉分析をはじめ様々な分析を手掛ける総合的な食品分析機関です。2004年に食品会社出資の民間企業では初の厚生労働省登録検査機関(※1)に認定され、2007年にはISO/IEC 17025(※2)試験所認定も取得しました。
出展ブースでは、営業スタッフや検査スタッフが『残留農薬検査』、『栄養成分検査』、『異物検査』などについてご紹介し、ブースご来訪の皆さまの食品分析に関するお悩みや疑問にお答えしました。


食品開発展01.JPG

▲キューサイ分析研究所出展ブース


また、5日は同研究所検査部の古屋が「異物検査の事例紹介」、7日は同研究所営業部の入江が「輸出推進に係る食品分析」をテーマに講演を行いました。


食品開発展02.JPG

▲「輸出推進に係る食品分析」をテーマに講演


今年も多くの皆さまにお越しいただき、ありがとうございました。



○キューサイ分析研究所 企業サイト  

※1厚生労働省登録検査機関とは
政府の代行機関として、業務規程の認可を受けた製品検査を行うことができる検査機関のことです。登録検査機関では厚生労働省発令の命令検査等の業務を行うことができます。同研究所は「理化学的検査」及び「細菌学的検査」の区分において、厚生労働省登録検査機関に登録されております。

※2 ISO/IEC17025とは
試験所又は校正を行う能力に関する要求事項を規定した国際規格です。この規格に基づき第三者認定機関が試験所の審査を行い、試験を行う能力を有していることを認定いたします。同研究所は「残留農薬検査」及び「放射性物質測定」において認定を取得しております。

ページのTOPへ戻る