MENUメニュー

TOPICS読んでキューサイ

読んでキューサイ | TOPICS

夏のダメージ肌にもおすすめ!抗酸化力が高いフルーツで“もっとキレイ”に!ケール青汁(粉末タイプ)を使ったデザート3品ご紹介

  • 2018.08.24
  • レシピ

暦の上では既に秋ですが、まだまだ暑さも厳しく、紫外線も気になるこの季節。日焼けなどお肌のダメージが気になるという方も多いのではないでしょうか。今回は、ケール青汁(粉末タイプ)を使った簡単でおいしいアフターサマーにおすすめのデザートレシピ3品をご紹介します。ケール青汁(粉末タイプ)に抗酸化力が高い食材を組み合わせました。ケールと合わせることで、一度に豊富な栄養素を摂ることができ、この季節にぴったりのメニューです。ぜひお試しください。
 

【ケール青汁(粉末タイプ)を使ったレシピ1】
ケールマスカルポーネのフルーツタルティーヌ

ケール青汁(粉末タイプ)を加えたマスカルポーネに、抗酸化力の高いキウイを添えました。ケールの栄養もプラスされ、更にこの季節におすすめの一品に。グリーンの色も鮮やかなのでインスタ映えもします。

ケール青汁(粉末タイプ)を使ったレシピケールマスカルポーネのフルーツタルティーヌ
 
【材料】約2人分
ケール青汁(粉末タイプ) 小さじ1
フランスパン 1/4本
マスカルポーネチーズ 大さじ3
キウイ 1/2個
はちみつ 適量

 
【作り方】
1.フランスパンは2cm程度の厚さに斜め切りしてトースターで軽く焼いておきます。
2.マスカルポーネチーズは室温でやわらかくして、ケール青汁(粉末タイプ)と混ぜ合わせます。
3.キウイは皮をむいて5mm程度の厚さで半月に切ります。
4.フランスパンに2を塗り、3をのせて、はちみつをたっぷりとかけて完成です。
 
 

【ケール青汁(粉末タイプ)を使ったレシピ2】
ケールとフルーツの2色寒天

ケール青汁(粉末タイプ)と豆乳で作った鮮やかなグリーンの寒天に、抗酸化力が高いと言われる様々なフルーツをプラスしました。加えるフルーツによって味も彩りも変わるので、ぜひ色々なフルーツで試してみてください。

ケール青汁(粉末タイプ)を使ったレシピ2 ケールとフルーツの2色寒天
 
【材料】
(写真で使用の流し型:15cm×13.5cm×4.5cm)

●ケール青汁寒天
ケール青汁(粉末タイプ) 7g
水 1カップ
寒天パウダー 2g
砂糖 40g
豆乳 1カップ

●フルーツ寒天
水 2カップ
寒天パウダー 2g
砂糖 40g
いちご 適量
カットパイン 適量
キウイ 適量
ミント 適量
 
【作り方】
1.最初にケール寒天を作ります。水に寒天パウダーを振り入れ、火にかけて混ぜながら弱火で煮溶かします。一旦火からおろして砂糖を加え、再度3~4分煮溶かします。
2.ケール青汁(粉末タイプ)を豆乳で溶いてから1に加え、3~5分煮て火からおろします。鍋底に水をあてて、混ぜながら粗熱をとります。その後、ぬらした型に入れ、固まるまで冷蔵庫で冷やします。
3.フルーツ寒天を作ります。固まった2の上に、食べやすい大きさに切り分けたフルーツを並べます。
4.1と同様に寒天パウダーを煮溶かしてから、3に静かに注ぎます。ラップを型にしっかり張って、冷蔵庫で冷やし固めます。
5.4が固まったら型から出し、ミントを飾りつけて完成です。
 
 

【ケール青汁(粉末タイプ)を使ったレシピ3】
ケールパンケーキのブルーベリー添え

ケール青汁(粉末タイプ)を加えるだけで、パンケーキも栄養豊富なメニューに。抗酸化力の高いブルーベリーを添えれば、夏のダメージが気になるこの季節にぴったり。鮮やかなケールのグリーンとポップなブルーベリーカラーの組み合わせは、見た目も元気にしてくれます。

ケール青汁(粉末タイプ)を使ったレシピ3 ケールパンケーキのブルーベリー添え
 
【材料】約2人分
ケール青汁(粉末タイプ) 7g
パンケーキミックス 1袋(150g)
牛乳 1カップ
生クリーム 1/2カップ
砂糖 大さじ1/2
ブルーベリー 適量
エディブルフラワー 適量
 
【作り方】
1.牛乳で溶いたケール青汁(粉末タイプ)をパンケーキミックスに加えて混ぜ合わせます。フライパンまたは、ホットプレートでパンケーキを焼いて粗熱をとっておきます。
2.生クリームは砂糖を加えて、固めに泡立てます。
3.パンケーキに生クリームをぬって重ね、ブルーベリーとエディブルフラワーを飾って完成です。
 
■今回使用したケール青汁(粉末タイプ)についての詳細はこちらhttps://www.kyusai.co.jp/aojiru/powder/funmatsu420/
 
 

“ケール”プチ情報

紫外線を浴びやすいこの季節は、ビタミンCやポリフェノールを意識的に摂取することが大切です。ケールには、野菜の中でもポリフェノールが多く含まれています。同じくポリフェノールの多い野菜としてブロッコリーも挙げられますが、そのブロッコリーはケールの子孫です。夏のダメージが気になるこの季節はケールを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

ケールが含むポリフェノール料

 
 
■ケールに関する記事はこちら

■《キューサイケールの公式Instagram》
ケール青汁(粉末タイプ)を使ったその他のレシピはこちら!https://www.instagram.com/kyusai_kale_official/

関連情報MORE CONTENTS

  • 品質イメージ

    会社案内

  • 事業内容イメージ

    CSR

読んでキューサイ

読んでキューサイ

一覧へ