青汁

ケールとキューサイの出会いは、
今から30年以上前にさかのぼります。
キューサイの創業者が体調不良に
悩まされていた当時、
ケール青汁の力を自ら体感し、
「もっと多くの人々に届けたい」と
製造販売を開始しました。
化学農薬、化学肥料を一切使用せず、
徹底した自社管理体制のもと、
皆さまに安心してご利用いただける商品を作ること、
それがキューサイの信念です。

モノづくりSTORY

— お客さまが必要とするモノをカタチに —

お客さまの声から生まれた「粉末青汁」

1982年の発売当初から「冷凍青汁」にこだわり続けた
キューサイが、
粉末の青汁を発売したのは2002年12月。
「まず~い、もう一杯!」のテレビCMがお茶の間で話題となり、
全国に青汁市場が広がっていた頃でした。

「冷凍青汁」が飛躍的な売り上げを記録していた
キューサイにとって、
新しい「粉末青汁」の製造を始めることに
不安があったことは否めません。
しかし、お客さまからは「もっと気軽に、どこでも飲めるようにしてほしい」
という
声がだんだんと増えていました。
さらに時代の変化とともにライフスタイルも変化し、
通信販売の需要も増加。
常温流通可能な「粉末青汁」は必要不可欠になっていました。

創業から脈々と受け継がれる品質への想い

「本当に受け入れられるのだろうか」という
製造スタッフの心配をよそに、
発売するやいなや全国から注文が殺到し、
毎日製造に追われることとなりました。
スピードアップを図るために、
設備を整え自社で製造を行い、
一貫製造を実現していきました。
そして、「安全・安心な商品を、最初から最後まで
責任をもってお客さまにお届け
する」という使命のもと、
当時の開発責任者は、より高品質な「粉末青汁」を
追及するために、足しげく農場や工場に通いました。
「品質を高めるためにはどうすればいいか?」
「良質・安全とは?」を繰り返し説いて回ったのです。
また、製造や検査、お客さまの声など
各部門で管理していた情報を全て一元化。
部門間を超えて共有することで、
社内で活発な意見が飛び交うようになりました。
そうした中で、<凍結粉砕製法>
<マイルドパウダー製法><極・細粒製法>
といった、キューサイ独自の技術は生まれていったのです。
「粉末青汁」の製造を真の意味で軌道に
乗せるまでの数年間は、
キューサイ社員が
あらためて品質について考える良い機会でした。

これからも進化し続けるケール青汁

「少しでも飲みやすく、続けやすく、
健康に良いものをお届けしたい」と、
お客さまの声を技術改良やサービスの
改善につなげ、進化を重ねてきました。
2008年にはさらにおいしく飲みやすい
「はちみつ青汁」の発売を開始。
青汁発売30周年を迎えた2012年には、
原料であるケールの価値を広く伝えるべく、
商品名を「ケール青汁(粉末タイプ)」に変更しました。
現在も、ケールの特徴を活かした限定商品の
発売や原料であるケールの
可能性の研究を行っています。
いまや野菜不足を補う健康食品の定番として、
多くの方々に愛用いただけるまでに
大きく成長した「ケール青汁」。
キューサイは健康食品の中に「青汁」分野の
マーケットを拓いた会社としての
責任を自覚し、
私たちがこだわり続けるモノづくりの精神によって、
「ケール青汁」をこれからも進化させ続けていきます。

関連情報