ケール・青汁

キューサイの青汁は国産ケール100%。
1982年の発売当時から現在に至るまで、ケールを
種から育て、商品を製造し、
お客さまのお手元に届くまで、
とことんこだわってきました。
そんなキューサイとケールについて
4つのポイントをご紹介します。

1キューサイとケールのあゆみ

ケールとキューサイの出会いは、今から30年以上前にさかのぼります。
キューサイの創業者が体調不良に悩まされていた当時、遠藤仁郎(にろう)医学博士が提唱する
ケールの青汁健康法と出会ったのです。ケール青汁のチカラを自ら体感した創業者は
「この素晴らしさをもっと多くの人に届けたい」と一念発起し、遠藤博士のもとを訪れます。

その際、「健康のための青汁だから、余計なものを一切加えないでほしい」
という博士の言葉とともに、ケールの種をゆずり受けました。
以来、冷凍青汁が初めて世に出た1982年から現在に至るまで、
化学農薬、化学肥料を一切使用せず、徹底した自社管理体制のもと皆さまに安全・安心な商品をお届けしてきました。

そして、さらにたくさんのケールのチカラを届けたいという想いで、
近年は初めての方でも飲みやすい「ケールdeキレイ」や、ケール葉エキスを配合したスキンケアブランド「スキンケールド」を開発しました。
これからも、キューサイはケールの可能性を探索し、進化を続けてまいります。

~キューサイとケールの38年~

事 業
商 品

※ 2007年度~2018年度ケール青汁市場メーカー出荷金額ベース シリーズ製品合算値(株)矢野経済研究所調べ2019年11月現在

2ケール青汁がお手元に届くまで

種の採取から、ケールの栽培、青汁の製造、お客さまにお届けするまで、
自社グループ一貫体制で手がけています。
ケール青汁にあふれるのは、正直で真面目なキューサイ品質です。
※業務用青汁、ケールdeキレイ除く

~ケール青汁の製造工程を Check!! ~

3ケールを通して、しなやかな生き方をかなえる

健やかなからだと軽やかに弾む心を育み、豊かな人生を送るために、
キューサイでは、「ケール」を日々の生活に取り入れる新たなライフスタイル
『KALE WORK(ケールワーク)』 を提唱しています。

『KALE WORK』とは

健康的なからだと心を手に入れるために、
栄養価だけでなく未知なるチカラを秘めた野菜「ケール」を
日々の生活に取り入れる新たなライフスタイル。

ケールを摂取する行為(=WORK)そのものでありながら、
その行為が習慣化されることで、体内における
ケールの作用(=WORK)を実感すること

キューサイは持続可能な社会の実現に向けて、若年層の方々に対しても
食の大切さを考えるきっかけづくりのため、 『KALE WORK』を提唱しています。
ケールの魅力を知っていただくための情報発信、メニュー開発、商品開発、コラボ商品の展開、
イベント開催など様々な活動を通じて、生命力あふれるケールを手軽に摂取していただき、
一人でも多くの方が健康で美しく活力あふれる毎日を送れる社会の実現に貢献してまいります。
さらに、まだ解明されていないケールの魅力を探り、今後の活動につなげてまいります。

4ケールは飲むだけでなく、食べる、塗る…など多様な時代へ

冷凍青汁から始まり、粉末青汁、はちみつ入り…など
進化を続けてきたキューサイのケール商品。
これからは、水に溶かして飲むだけではなく料理やお菓子に混ぜて『食べる』、
そして、肌に『塗る』といったように、
多様なライフスタイルに合わせケールを生活に取り入れていただけるよう、
これからも様々なケール商品を展開してまいります。

飲み物やお料理に

「ザ・ケール」シリーズ

気軽に始められる新習慣

「ケールdeキレイ」

塗るケール

「スキンケールド」

関連情報