MENUメニュー

R&D SYSTEM研究開発体制

研究開発のゆるがない想い

私たちは、“お客さまの健康と幸せに貢献したい”と考え、
「安全・安心であること」そして「効果を実感できること」、
この2つを満たすことが“モノづくり”の基本であり、
当然のこととして取り組むことを信念としています。

私たちがお届けしている健康食品や化粧品は、毎日長くお使いいただいて継続的に効果を実感いただけます。だからこそ、お客さまに安心してご使用いただくために、商品に使用する原料を選定する段階から製造工程に至るまで、様々なプロセスで徹底的に安全性の確認を行います。
また、お客さまが効果を実感いただくために、その効果のメカニズムの調査や研究を行い、幾度となく試作や検証を繰り返し、納得のいく商品のみをお客さまにお届けしています。

お客さまに求められる商品を

キューサイ商品の研究開発では、「商品企画」「研究企画」「商品開発」という3つの役割を明確化しています。

1つの商品が生まれるまでの流れは以下の通りです。
まずは市場調査等を行い、消費者にどのような要望や不満足があるかというニーズを調査し、商品のコンセプトを立案します(商品企画)。
それと同時に、素材のエビデンスや疾病メカニズムなどの調査を行い、商品の配合設計をします(研究企画)。
この商品コンセプトに基づき、試作を重ね、原料やその配合を確定させます。試作では日常のお客さまの使用シーンを想起し、「毎日使い続けることができるか」といった視点で繰り返し評価を行います。その後、商品の品質等の規格を決定し、工場で製品化していきます(商品開発)。
この3つの役割を担うのが、研究部門と開発部門であり、連携しながら研究開発をすすめています。

また、研究部門では、商品力の追求こそがお客さまの効果実感につながると考え、大学などの外部機関との共同研究も積極的に展開しています。例えば青汁の原料となるケールは様々な機能を持つことが報告されており、ケールを摂取することでお客さまにどのような効果が期待できるか、日々研究を継続しています。
開発部門では、発売後の商品におけるお客さまからのご要望を真摯に受け止め、「より使いやすく、毎日続けやすい商品」を目指して、商品の改良にも取り組んでいます。
一人でも多くのお客さまが満足し、「無くなっては困る」と思っていただけるような商品づくりを目指しています。

関連情報MORE CONTENTS

  • 事業内容イメージ

    事業内容

  • 品質イメージ

    品質

読んでキューサイ

読んでキューサイ

一覧へ