MENUメニュー

HISTORY沿革

沿革 | HISTORY

創業時から変わらない想い

キューサイの歴史は、1965年、菓子製造販売会社として創業したときから始まります。冷凍食品の製造受託など、創業者は事業拡大を積極的に進めていました。
1978年、事業拡大に奔走する中、創業者が突然の体調不良に襲われます。その時に出会ったのが、「青汁健康法」でした。
ケール青汁のちからを自ら体感した創業者は「もっと多くの人々に届けたい」と思い立ち、青汁健康法の提唱者である遠藤仁郎医学博士のもとを訪れました。
その際、「健康のための青汁だから、余計なものは一切入れないでほしい」という遠藤博士の言葉とともに、ケールの種を譲り受け、ケール青汁の製造販売を開始しました。
それ以来キューサイは、農薬や化学肥料を使わずに栽培したケールを原料に青汁を作り続け、その想いは、“キューサイの志”としてスキンケア事業・ヘルスケア事業にも受け継がれています。

創業から変わらない想いのもと、いくつになっても元気でいたい、美しくありたいと願う人々のためにこれからも取り組んでまいります。

キューサイの歩みHistory

関連情報MORE CONTENTS

  • 事業案内

    事業内容

  • 研究開発

    研究開発

読んでキューサイ

読んでキューサイ

一覧へ