ケール青汁がお手元に届くまで

冷凍タイプのケール青汁ができるまで

畑で食べる時のように、ケールのみずみずしくフレッシュな味わいをお届けすることを目指し、
「低酸素 新鮮クリア製法」で製品化しています。
製造過程での酸化を極力防ぐために、ケールをしぼる段階では、外気から密閉し、
低酸素状態にすることで高い鮮度を保ちます。
パック充填時は約マイナス40℃で急速冷凍。これによりケール独特の「苦味」や「渋味」を
押さえ込むことが可能になりました。

01

カット

洗浄し、きれいになったケールの葉は細かく刻まれます。

※企業秘密のため画像はぼかしています。

02
03

すりつぶし・搾汁

細かくすりつぶされたケールの葉は、さらに回転しながらゆっくり圧力をかけられます。ここでぎゅーっと搾られ、いよいよケール青汁となります。
できるかぎり酸素にふれないようにフレッシュな味わいをキープ!

殺菌・充填

ケール青汁はタンクで一時保管された後、殺菌。フィルム製のパックに詰められます。品質管理のため随時、味の検査(官能検査)が行われています。

低酸素 新鮮クリア製法

ケールおよび青汁を酸素にふれさせない「低酸素 新鮮クリア製法」で、えぐみや苦味の少ない、畑のケールそのままのおいしさを実現しました。

低酸素 新鮮クリア製法について  

04

急速冷凍

マイナス40℃で急速冷凍。搾りたての青汁のおいしさを閉じ込め、鮮度を保ちます。
目指しているのは収穫したてのケールの味わいです。

20分毎のローテーションで
集中力を持続!
金属検査機とX線検査機はもちろん、
人の目でも検査。

05

梱包

青汁がフリーザーから出てきたら人の目でひとつずつチェック。凍った青汁にかたよりがないか、パックの破損や印字のズレはないかなどを確認します。

06

出荷

7パックを1セットにして袋詰め。最後に箱詰めをして出荷します。梱包・出荷はお客さまに最も近いラインなので、細心の注意を払い作業が行われます。

\  低酸素 新鮮クリア製法  /

酸素にふれさせず、畑のケールの味わいキープ。

ケールをすりつぶし、搾汁からパック充填直前の加工工程を低酸素状態の中で行っています。